thispage

TECHNOLOGY 技術

素材

  • 主要構造材に欧州産レッドウッドを使用―無垢材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドです。

    素材イメージ01

    クレバリーホームでは、柱や梁などの主要構造材にエンジニアリングウッドと呼ばれる集成材だけを使用しています。
    無垢材に比べ、節や割れによる強度のばらつきがなく、変わらぬ強度と性能が安心の構造材です。
    エンジニアリングウッ ドは厚さ20mm程度のラミナ(挽き材)に製材した後、一定の強度を揃えたものだけを選別して含水率が15%以下になるまで乾燥、接着加工して1本の建材に仕上げます。
    そのため、無垢材よりはるかに品 質が安定し、強度も1.5倍まで向上します。加えて原材料には、一般的な集成材に使われるホワイトウッドに比べ、粘りのある「欧州産のレッドウッド」のみを使用しています。
    また、土台にはLVL(単板積層材)を使用。このLVLは寸法安定性に優れ、柱のめり込み強度においても米ヒバ集成材と同等の強度を備えています。

  • 家全体を強固に接合する、高精度HSSオリジナル金物を採用

    素材イメージ02

    一般的な在来工法で地震や台風などの応力を受けたとき、最も力が集中する場所が接合部です。
    在来工法では加工による木の欠損量が多くなるため強度が低下します。
    クレバリーホームでは強度を高めるため、オリジナルの金物を採用し、接合部の欠損量を最小限に抑えています。

構造

  • 主要グリッド毎に通し柱を配置するSPG構造で1階と2階を強固に一体化

    素材イメージ03

    クレバリーホームの最大の特長は、1階と2階を貫く通し柱をバランスよく配したSPG構造。
    構造上のポイントとなるグリッド毎に通し柱を配するSPG構造は、一般的な在来工法の通し柱が4本程度であるのに対し、通常の3~4倍の通し柱を使用します。
    これにより、建物の1階部と2階部とが強固に一体化、地震や台風の揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がし、高強度・高精度の木造住宅を実現するとともに、ゆとりのある空間設計も可能にしています。

  • ツーバイフォーの長所を柔軟な発想で取り入れたモノコック構造で、より強く進化させる選択も可能になりました。

    素材イメージ04

    一般的な在来工法で地震や台風などの応力を受けたとき、最も力が集中する場所が接合部です。
    在来工法では加工による木の欠損量が多くなるため強度が低下します。
    クレバリーホームでは強度を高めるため、オリジナルの金物を採用し、接合部の欠損量を最小限に抑えています。

  • 住宅性能表示の耐震等級で最高等級3に対応できます。

    ■住宅性能表示制度の耐震性能等級

    等級 耐震等級(構造躯体の倒壊など防止)
    3 極めてまれに(数百年に一度)発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度
    2 極めてまれに(数百年に一度)発生する地震による力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度
    1 極めてまれに(数百年に一度)発生する地震の力に対して倒壊、崩壊しない程度

    ※耐震等級3の設計ルールに基づく設計が必要となります。

    品確法で定められている耐震等級3は、「数百年に1度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度」が基準。
    これは関東大震災クラスの地震の1.5倍の揺れに耐えることを想定しています。
    クレバリーホームは実物大試験において、これをはるかに上回る1,620gal(阪神淡路大震災の2倍強)の揺れにも耐えられることを実証しました。
    耐震等級3では火災保険の地震特約の割引が最大になるなど、安全性以外にもメリットがあります。
    クレバリーホームでは、お客様のご要望にお応えしてこの耐震等級3にも対応いたします。

耐久性

  • 立ち上がり幅150mm、高さ430mmの強靭なベタ基礎を採用

    素材イメージ05

    クレバリーホームの最大の特長は、1階と2階を貫く通し柱をバランスよく配したSPG構造。
    構造上のポイントとなるグリッド毎に通し柱を配するSPG構造は、一般的な在来工法の通し柱が4本程度であるのに対し、通常の3~4倍の通し柱を使用します。
    これにより、建物の1階部と2階部とが強固に一体化、地震や台風の揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がし、高強度・高精度の木造住宅を実現するとともに、ゆとりのある空間設計も可能にしています。

  • 耐久性のポイントとなる土台や柱などには、防腐・防蟻処理を施したAQ認証材を採用

    台や通し柱、1階部分の外周管柱など、耐久性のポイントとなる構造材には、優良木質建材認定のAQ認証2 種取得製品を使用しています。
    防腐・防蟻処理は、水を使用しない乾式加圧注入方式を採用。効果の持続性に優れた薬剤を加圧処理により木材内部までムラなく浸透させることで、長期にわたり腐朽菌や白蟻の繁殖を防ぎます。
    また、現地での施工時にも薬剤塗布を行うことで、防腐・防蟻性能をさらに高めています。

気密・断熱

  • 快適さと経済性を両立する高気密・高断熱を標準採用。次世代省エネ基準にも対応しています。

    素材イメージ06

    クレバリーホームは建物全体を断熱性の高い構造で包み込む工法を採用しています。
    外壁は屋外の熱を伝えにくい外壁通気工法と断熱材・石膏ボードの組み合わせ、熱のこもりやすい小屋裏は断熱材・石膏ボード・ビニールクロスの3層構造、
    床下には断熱性と通気性に優れた ポリスチレンフォームをそれぞれ採用し、新省エネルギー基準をクリアする気密・断熱性能を標準仕様で達成しました。
    また、断熱材の増量やベーパーバリアシート(プラスチック系防湿フィルム)の追加、またはすきま風が入りやすいコンセントボックスの気密処理などきめ細かな配慮をおこない、次世代省エネルギー基準にも高い性能で対応します。

  • 断熱性能のネックとなりやすい窓や玄関などの開口部にも徹底した遮熱・断熱対策を施しています。

    高気密・高断熱構造の建物では、開口部である窓や玄関が最も熱の逃げやすい場所になります。
    クレバリーホームでは12mmの空気層を備えた、遮熱・断熱性に優れたペアガラス樹脂アングルサッシや、断熱材をサンドイッチ構造にした玄関ドアを使用することで、四季を通して冷暖房効率を向上させています。
    また、サッシや玄関ドアは結露の発生を効果的に抑えるとともに、屋外の騒音をシャットアウトする防音性能にも配慮しています。

遮音・防音

  • 気密性と剛性が高い躯体構造と吸音材の効果的な配置で屋外からの騒音を低減し、静けさを実現しました。

    素材イメージ07

    交通音や工事音など屋外から侵入する騒音を遮断するには住宅の気密性を高め、空気の流れを塞ぐことが有効です。
    クレバリーホームでは住宅構造を高気密化するとともに、壁そのものにも音の伝わりを減衰させやすい多重構造を採用。
    さらに壁体内や天井、床下に無機質繊維系断熱材やポリスチレンフォーム3種など、吸音材としても優れた性能を発揮する断熱材を施工し、建物全体を包み込むことで騒音を効果的に低減します。
    また、音の出入り口となりやすい開口部にも、気密性の高いサッシ構造と、間に空気層を挟んだペアガラス窓を標準採用することで騒音を低減しています。

  • 2階の足音やトイレの音など、生活騒音を抑えるさまざまな工夫を施しています。

    クレバリーホームでは2階から聞こえてくる音を軽減するため、丈夫な剛床構造や天井裏への吸音材施工に加えて、足音などの打撃音による振動を吸収する防震吊木を標準で採用しています。
    また、2階にトイレやキッチンを設置した場合、夜間など静かな時間帯の排水音が意外と響きます。これに対しても、上下階を通る排水管を防音仕様とすることで排水音の低減を図りました。

  • 気になる音をさらに静かにできる、各種オプションもご用意しております。

    素材イメージ08

    住宅に求められる遮音性能は、お住まいの場所やライフスタイルによっても異なります。
    たとえば、幹線道路や鉄道、工業・商業地区など、騒音の多い地域に隣接している場合、室内でピアノやギターなどの楽器を演奏される場合など。
    より高いレベルでの遮音・防音をご希望のお客様には、強化仕様やさまざまなオプションをご用意しています。

  • クレバリーホーム大高店 暮らし応援ブログ
  • ACCESS アクセス
  • EXHIBITION 展示場
  • banner_relay_off
  • CONTACT お問い合わせ
  • クレバリーホーム大高店 FACEBOOK